FC2ブログ

飛び猫4 完成!!

 飛び猫完成しました。何度か彩色までしたのですがどうしても気に入らず、削り直し・彩色し直しをすること2回。今日ようやく合格点までたどり着きました。写真の上2枚は飛んでいますが、着地してしまうと伸びをする猫になってしまいますね。シナでうまく彫れるか心配でしたが丁寧にやれば細かい部分も問題なし。魚を彫るより哺乳類の方が彫っていて楽しいかも。アクリル絵の具を使って油絵のように色を着けていく過程は夢中になって時間を忘れます。今日はタンゴを聞きながらひたすら塗りまくりました。
 インスタグラムのことを先日書きましたが、面白い・・。フォロアーに外国人が多いのも興味深い。ロシア人の15歳の女の子がフォローしてくれます。彫刻、陶芸、絵画、デザインなど色んな国の色んな人の作品も見えるようになるのですごく刺激になります。私の作品の中ではカメレオン、海亀、マンタあたりが人気です。淡水魚は外国の方は関心もたないよう。飛び猫画像はどうでしょうか。

飛び猫5
飛び猫8
飛び猫9

[ 2016/07/17 16:12 ] フィッシュカービング | TB(-) | CM(0)

リメイク鯰 60点・・・

 全身彫り直して、エアブラシで黒っぽく塗り、目に色を入れました。出来はもう一つ。イメージどおりには出来ませんでした。ここ最近はシナ材を使うことが多かったんです。彫りやすいし材の値段もそんなに高くないので。でも柔らかい(やや目が粗い)ので、細かい細工が出来ないところが玉に瑕。これまでだましだましやってきましたが、特に目をきれいに彫れないのが難点でした。鯰も同じです。
 神代楠の岩魚、楠の黒柴・トラ猫と密度のある楠材を連続して使ったせいか、シナで彫った鯰のリメイクがどうしても納得感が湧きませんでした。次回作は楠で彫る茄子、またはシナで彫る海亀になるかと思います。

鯰14
鯰13
鯰12
[ 2016/06/12 16:08 ] フィッシュカービング | TB(-) | CM(0)

神代楠岩魚5(完成!)

 完成です。出来は80点。神代楠の持つ「くすみ」「渋み」「深み」を生かせかたと思います。木彫りを始めてから積み重ねてきた経験を出し切りました。随分昔に買った流木を再活用してみたら、今までにないリアル感も出ましたね。あらためて木彫りの楽しさを味わいました。最近は柔らかいシナを使っていましたが、たまには密度のある材を使って「彫り」を楽しむのもいいものです。さて、次回作はどうしようか。哺乳類いくかな・・・・・。

あ1あ2
あ3
あ6

[ 2016/05/08 19:28 ] フィッシュカービング | TB(-) | CM(0)

神代楠岩魚4

鱗を彫って、彫は完了。ほぼイメージ通りです。明日は背に濃い緑を薄く吹いて、虫食い模様を入れ、ボディには濃い青のパーマークを薄~く吹く予定。そして最後は目を入れて完成。どんな出来上がりになるか楽しみです。

神代楠岩魚6
神代楠岩魚7
神代楠岩魚8
[ 2016/05/07 19:00 ] フィッシュカービング | TB(-) | CM(0)

神代楠岩魚3(平刀)

 時間を見つけては彫ってます。先日ご紹介した彫刻家「はしもとみお」さんの本を読んだ時におやっと思ったことがあります。彼女は彫りの多くを平刀を使っているということです。私は各サイズの丸刀を使用。特段問題は感じていないのですが、丸刀はどうしても削った後に筋が残ってしまいます。一度平刀を使ってみようと思い立ち、早速近所のホームセンターで購入。東急ハンズまで行くのは億劫なので。
 最初のうちは慣れないせいか丸刀の方がいいなとの感想。でも我慢して使い続けているうちに使い方がわかってきました。そして、いい感じになってきました。なんというかイメージに近づく彫りができるということですかね。木にしてみれば、最初は痛かったけど、今は彫られて気持ちいいと思っているのかも。神代楠はいつも使っているシナに比べると密度が詰まっていて(ずっしり重い)、粘り気があります。彫る側も楽しくてしかたありません。カービングではなく彫刻している、という感じです。これから表面をさらに整えて、全身に鱗を彫っていきます。

神代楠岩魚5
[ 2016/05/04 08:08 ] フィッシュカービング | TB(-) | CM(0)