FC2ブログ

3度目のインド~いきものたち

 インドはいきものたちで一杯です。バンガロールのような大都会でもITパーク以外のところは牛と犬だらけ。朝のごみ捨て時には新鮮なゴミのところに大きな牛と犬が集まってきます。陽が登ると野良犬たちはずっと昼寝。リードを付けた犬はほとんどいません。こんな牛や犬たちに関心を示すのは日本人くらい。インド人は何の反応も示しません。
 田舎に行くとやや様相が変わります。野良犬がいるのは同じですが、そこにサルが加わってきます。今回は去年よりもたくさんのサルをあちこちで目にしました。村の人々はサルを見ると追い払っていたので害獣的な存在だと推察します。サルもヒンズー教の神様なので乱暴なことはすることはありません。鳥もたくさんいます。田舎に滞在中は夜明けとともに色んな鳥たちはさえずりで目を覚まします。
 飼いならされた動物たちではなく、野生の動物たちときちんと共存しているところはリスペクトに値します。人といきものたちとの対応な関係、私たち日本人も大いに学ぶべきところがあります。

田舎の典型的な風景
インド18

田舎の野良犬の方が血色がいいです。
インド19

日本ざるに似ているような気がします。
インド15
スポンサーサイト
[ 2018/03/04 18:35 ] 世界の旅 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する