FC2ブログ

アオサギとウオーキング

 昨年末から毎日近所の芝川沿いをウオーキングしています(すみません、まだ冬休み中・・)。芝川には多くの野鳥が居て、野鳥を見ながら歩いている感じです。特にバードウオッチングが好きなわけではありませんが、余りに沢山の野鳥がいるので自然と目が行くようになりました。毎日同じコースを歩いていると、同じ場所に同じ野鳥がいることに気づきました。ネットで調べるとアオサギでした。いつもピクリともせずジッと水面を眺めています。まるで小型のハシビロコウのよう。1枚目の写真の中心部にそのアオサギがいるんですがわかんないですね・・・。今日は8km歩きましたが6羽のアオサギを見かけました。ほぼ等間隔なので縄張りがあるのでしょう。
 身近にいる野生の動物ってなんだろう、と考えるとそれは野鳥だということに気づきました。私の野生の定義は、自活(つまり餌は自分で取る)なのですが、そう考えると野鳥は最も身近にいる野生の動物・・。この10日間、アオサギが動いているところを見たことがありません。きっと腹をすかしているんだろうなぁ、と毎回思います。でもいつも凛として立つ姿にいつしか畏敬の念を抱くようになりました。手元にある材でアオサギを彫ることができるものはないので、次回小田原の製材所で大き目の材が入手できたらアオサギを彫りたいと思います。

 2枚目の写真は端材の再利用で彫った椎茸とオクラです。。 

ヤチョウ

ヤチョウ2
スポンサーサイト
[ 2018/01/05 18:12 ] 木彫 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する