FC2ブログ

放浪するのか??

 今回のフィリピンには藤原新也のインド放浪を持っていき、30年ぶりくらいに読み直しました。わたしが学生だった頃には、沢木耕太郎の深夜特急、藤原新也のチベット放浪・インド放浪、古くは小田実の何でもみてやろう、などお金を持たずに世界を放浪するという本が大好きでした。実際に一人で放浪した旅は大学4年生の時の中国大陸だけでしたが・・。今でも学生が放浪したいと言っているのを聞くことがありますが、残念ながら今の時代ではできないです。どんな僻地に行っても子ども達までスマホを持っていて、ケニアのマサイ族もスマホで狩りをする時代。WIFIがあればグーグルマップでどこにいるかもわかってしまう現代。これがいいのか悪いのか。今の若者を責めるわけにはいきませんよね。私たち大人が作った今ですから。
 何故今回インド放浪を読みたいと思ったのか。それは定年がすぐそこまで来たからかもしれません。思えば仕事を始めて35年。自由な時間がなかった長い時期も終わりを迎えようとしています。お金はないけど時間があった学生時代、これからは体力・気力はないけど余りある時間が私を待っています。また旅に出るのか?? と自分に問うためにインド放浪を読み直したのかもしれません。旅にでるのか自問自答が続いています。彫りたいという気持ちの方が今は強いかな・・。

インド
スポンサーサイト
[ 2017/09/09 18:22 ] 世界の旅 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する