FC2ブログ

ケモノと夏の夜

 まるまる二日間休んでようやく外出できるまで回復したので、彫刻家はしもとみおさんの作品が展示されている「ケモノと夏の夜」を見るために浅草橋まで足を延ばしてきました。よかったですね。鑿の彫り跡を残した粗さと絶妙な彩色。生命感にあふれています。会場となっているギャラリーのオーナーさんと話してみると、はしもとさんの仕事上のパートナーとのこと。以前のブログで私が哺乳類を彫り始めたきっかけが、はしもとみおさんの「木彫り動物手習い帳」ということを書きましたが、このオーナーさんはこの本の出版にも関わっていました。「木彫り動物手習い帳」のブログというのがあって、そこには自分の作品を投稿できるコーナーがあります。これまで私も4回投稿。毎回ブログ主催者の方のコメントをいただくことができます。オーナーさんと話していると、「ひょっとしていつも投稿いただいている方ですか?」ということになり、私も「いつもコメントされているかたですか?」と応えて、なんとも妙な縁ですねということになりました。その後もはしもとさん事や、どこで彫刻材を手に入れるとか、有名な作家さんのお話しだとか楽しい時間を過ごしました。個展とか開かないんですかと聞かれたので、来年の2~3月の開催を考えていますと返答。開催が決まったら是非案内が欲しいと言われ、すごく嬉しかったです。

ケモノ

 昨日から弱った体に鞭打って犬を彫り始めました。
ケモノ2
スポンサーサイト
[ 2017/08/31 20:49 ] 木彫 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する