FC2ブログ

木彫りことはじめ第6回 切る(テクニック編)

 久々の木彫りことはじめです。四角い立方体の材でも外側をまっすぐ切ることはさして難しくありません。難しいの内側の切断。動物の4本足の内側を彫る時などです。薄い材なら糸鋸で内側を切ることもできますが、今回彫ったヒグマのように分厚い材では糸鋸は使えません。切断したい部分は最初の写真の網掛けのところ。私の場合は、鋸で切り込みを入れてから、鑿で削り取っていきます。ここで注意が必要なのは木目です。2枚眼の写真のようにこの材は横方向に木目が走ってますよね。木目に垂直の鋸を入れて、木目に沿って鑿を打ち込むというわけです。鋸での切り込みが足りない状態で鑿を打ち込むと大変なことになります。鑿を打ち込むんだ木目は大きく裂けていくからです。実は「微睡む犬」の時にこれで大失敗をしました。体の1/3のところで真っ二つに裂けるという事態が発生。しばし放心状態でした。でも大丈夫。木工ボンドで接着することにより完全にくっつきます。木工や木彫りをやっていると、切りすぎたり、折ってしまうことはどうしてもあります。うまく木工ボンドで接着することで大抵のミスはリカバリー可能です。木工教室に通っていた時にいくつかの方法を学びました。

 さて、2/12(11の夜は羽田で前泊)~27までインドのカルナタカ州に行ってきますので、しばらくブログはお休みします。帰国後にインドの様子もブログで紹介します。


キル3
キル4
スポンサーサイト
[ 2017/02/09 09:43 ] 木彫りことはじめ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する