FC2ブログ

木に跨って眠るヒグマ2

 今回初めて鑿(ノミ)を使って顔を彫りました。私は鋸で形を整えてから彫刻刀で彫り進めるタイプです。一方、多くの木彫家は鑿で形を作っていきます。何故私が鑿を使わないかというと、鑿の使い方を私は知らないからです(学びんだことが無いので)。鑿を使いたいなと思ったことはありますが、なにせどうやって使うのかがわかりません(切断の道具としては使っています)。ヒグマの顔が斜めに傾いた感じがうまくつかめず、今回は恐る恐る鑿で形を作っていきました。なんとかできましたね。これは私には大きな第一歩です。彫刻刀より鑿の方がはるかに労力が少なくて済むからです。さあ、後は跨る流木を探さねばなりません・・。

ヒグマ4
スポンサーサイト



[ 2017/01/28 19:30 ] 木彫 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する