FC2ブログ

飛んでイスタンブール

 世界で一番親日国と言われているトルコ。2009年に行きました。皆さんは「エルトゥールル号」の話しを聞いたことあるでしょうか。1890年に和歌山県沖で座礁したトルコの軍艦です。多くの人が亡くなったのですが、和歌山県串本の漁民の懸命な救護で60名近くの人が助かりました。この話がトルコ中に広がって、今でも日本に対して特別な思いを抱いているのがトルコの人です。シリア国境近くの地方都市に行った時には、受け入れ側代表のスピーチでこの話しが出てきて、大歓迎を受けました。アンカラのレストランでも日本人かと聞かれ、そうだと答えると急に愛想がよくなります。そのトルコでお土産にいただいたのが、写真のナザール・ボンジュウ。トルコの目と言われるものです。この目で邪悪のものを追い払うとのこと。私の部屋に壁に飾っています。
 さて、トルコといえば、イスタンブール。イスタンブールといえば庄野真代さんの「飛んでイスタンブール」。私(50代半ば)世代の方なら誰でも知ってますよね。実は先週の金曜日に庄野真代さんとお会いしてきました。庄野さんは音楽を通じて途上国を支援するNPOを立ち上げて精力的な活動をされています。このNPOでインターンしたいという学生がいたので、学生とともに話しを聞きに行った次第です。私より4~5歳上のはずですが、大変お綺麗でした(すみません、やっぱり見とれてしまいました)。来年2月には地震被害にあったネパールに行くことを生き生きと話される庄野さんの情熱は胸に響くものがありました。
トルコ
スポンサーサイト



[ 2015/10/18 16:53 ] 世界の旅 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する