FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

今年もブログをご覧いただきありがとうございました!

 時間が経つのが異常に速いですね。あっという間の1年でした。時間の進むシステムが変わったのでしょうか??
 今年は彫りました・・。木彫りが完全に生活の一部になったことを感じます。彫刻家のはしもとみおさんの本との出会いも私には大きかったです。この出会いから、彫る対象が魚から哺乳類に変わりました。アクリル絵の具で彩色の楽しみを知り、作品の幅が広がりました。魚もいいのですが、哺乳類の作品は見ていて飽きません。とても癒されます。
 さて、来年ですが、なんといっても3月の個展が最大のイベントとなります。人が来てくれるのか、来てくれるとして作品をどのように感じるのか、どちらかというと不安で一杯です。でも一皮むけるためにも、第三者に作品を直に見ていただき、ご批評をいただく機会は私には必要だと思った次第です。それからブログとは別にホームページを開設したいと思っています。自分で作る自信はないのでプロの方にお願いするつもりです。
 それでは皆様、いつもブログをご覧いただきありがとうございました。来年も宜しくお願いします。よいお年を!!

(今年彫った作品の一部です。3月の個展でも展示します)
ア
スポンサーサイト
[ 2016/12/30 11:19 ] 木彫 | TB(-) | CM(0)

ニホンカモシカ

 先日彫ったオオカミの残りの材で何か彫りたいなと考えていました。第一候補は山羊の仲間のアイベックス。角が大きく曲がっているやつ。材のサイズとバランスを考えて断念。最終的にニホンカモシカにしました。森の哲学者と言われる風貌が魅力的です。昨日の「切り」の段階で顔あたりに節と割れ目があることが判明。写真の口元の線にみえるところ。他にもあるかもしれないので、とりあえず顔のあたりを粗彫りしました。なんとかなりそうです。
 昨日、今日と外での作業は体にこたえました。少しづつ作業をしていきますが、完成は年越しですね。

ニホンカモシカ
[ 2016/12/29 18:38 ] 木彫 | TB(-) | CM(0)

木彫りことはじめ第5回 切る(道具編)

 彫りたい対象物の横面と上面の図が画用紙に描けたら、それを切り取って型紙にします。型紙どおりに木材にマジックで線をなぞっていきます。下の写真(今日から作業に入ったニホンカモシカ)の感じですね。
 真四角の木材から彫刻刀のみで削っていくのは途方もない労力が必要になりますので、出来る限りノコギリで切れるところまで切っていくのがコツです。上の写真が私が使っているノコギリです。このノコギリも安いものは避けた方がいいでしょう。切れないノコギリでの作業は疲れるばかり。この段階でいやになってしまいます。右から2番目のノコギリは先日東急ハンズで購入したもの(刃の交換が可能なもの)。刃が両面(木目にあわせて切る刃と木目に垂直に切る刃)にあるので。このタイプをお勧めします。プロの彫刻家の方はバンドソーを使っていますが素人はやっぱりノコギリですね。
 動物の体は曲線ばかり。真ん中の糸鋸の出番です。大きなノコギリが使えない細かいところは左端の小さな鋸も必要。いずれもホームセンターで1000~2000円で買えます。
 それからできれば用意した方がいいのが下の写真のような作業台(または万力/バイス)。手で押さえながらの作業はミスしやすく、なにより危険です。        つづく。

キル1
キル2
[ 2016/12/28 15:14 ] 木彫りことはじめ | TB(-) | CM(0)

オオカミ4 完成!

 オオカミ完成です。特に大きな波乱もなく順調に作業ができました。やっぱりシナよりも楠の方が彫りやすいですね。4本足で立たせる姿を彫るには適しています(シナよりは硬いので)。犀、インドの犬、オオカミと4本足で立たせた作品は結果的に皆楠でした。このオオカミが今年の20作品目。5月に初哺乳類の黒柴を彫ってから、明らかに作品の傾向が変わりました。私なりの彫り味(こんな言葉あるのかな?)、色合いが出てきたような気がします。他の彫刻家、木彫作家さんの作品の画像を見たり、実際の個展にも足を運びました。とても勉強になります。でもあまり見すぎてしまうと似たものを彫りたくなるんですね。いい距離感を保ちつつ、自分のスタイルを作っていきたいと思っています。

オオカミ4
オオカミ5
[ 2016/12/25 17:27 ] 木彫 | TB(-) | CM(0)

オオカミ3

 生誕節快楽!! メリークリスマス。 彫り完成です。比較的順調にここまで来ました。今回もノー出血。ほぼイメージどおりです。明日は彩色。黒い狼と言いましたが、ノーマルな狼にするかもしれません。
 個展のweb告知の方法を調べて、いくつかのサイトでの掲載の手続きをしています。この年になるとなかなかに難しく苦戦しています。今日ようやく2つ目の掲載の手続きが終わりました。写真の圧縮の方法など学ぶべき事多し。年内にあと1作品できるかも。候補は山羊・・・。

オオカミ3
[ 2016/12/24 17:40 ] 木彫 | TB(-) | CM(0)

オオカミ2

彫り7割くらいまで来ました。ちょっと頭が大きいので一回り小さくします。それから脚も今の半分くらいの太さを目指してみます。なんか暖かくて年の瀬という感じがしないですね。

オオカミ2
[ 2016/12/22 16:06 ] 木彫 | TB(-) | CM(0)

オオカミ

 久々の楠。たまらないです。この香り。粗きりが終わり少し削り始めたところ。この段階だと狸にも、狐にもなりそうです。今回は黒い狼にしようかと。
 個展のDMが出来上がりました。結構いい出来です。めちゃ嬉しいんですけど、まだ時期的に早いのでブログには載せません。クリスマスカードを頂いた方にはお返しにDMを送ろうかと思っています。一昨日の日曜日にはラグビー観戦に秩父宮に行ってきました。暖かくて最高のラグビー観戦日和。いや~やっぱり面白い。ラグビー最高!!

 

オオカミ
[ 2016/12/20 18:06 ] 木彫 | TB(-) | CM(0)

あられもない姿で寝るライオン3 完成!!

 ライオンに限らず、動物は結構こんな姿で寝ることがあります。腹を見せているってことは全く警戒心を抱いていないリラックス状態。無防備な姿に惹かれる人も多いのでは・・。私は癒されます。実は彫っているときに自分でも同じポーズを何度かしてみました。マジでリラックスできます。
 さて、次回作は猫といいましたが、狼を彫ることにしました。再び「孤高」をテーマに取り組みたいと思います。年内にあと2作品位いけるかな??

2アラレ
アラレ3
[ 2016/12/17 17:41 ] 木彫 | TB(-) | CM(0)

あられもない姿で

[ 2016/12/17 17:31 ] フィッシュカービング | TB(-) | CM(0)

木彫ことはじめ第4回 2次元から3次元へ


 前回の続きです。木が先か、アイデアが先かについてはどっちでもいいというのが結論です。彫りたいものがあるというのはとても大切で、この気持ちがないと先に進んでいくことは出来ません。私の場合は魚でした。最初からうまくいくことはないので、まずはなんでもいいので彫ってみることですね。とりあえず木を購入してみるというのもありです。その木で彫れるものを考えてみる。私はコピー用紙に木材の寸法どおりに横面と上面の線をボールペンで書いて、その枠の中に鉛筆でま横の姿とま上から見た姿を描いてみます。理想は木材のサイズを最大限有効に使うことですが、どうしても木材の多くを使わないということになります。購入した木の3/2は廃棄することになります。
 真横と真上の図を描く、と言ってもこれが結構難しい。例えば写真やネットの画像を見て彫りたいものが見つかっても、その動物(魚)の真上(真下)からの姿というものを想像で描くことはかなり難しいです。私の場合は、あらゆる手段を尽くして、まず対象物(あるいは似たもの)の上下左右前後の画像を集めます。画像、雑誌、ネット、youtubeなどなど・・。写真は「インドの犬」を彫った時に集めた画像です。2次元の情報から3次元のものを作るためには必要なものでした。youtubeで動く姿を見ることもとても大切です。                                                                         つづく
コトハジメ4
[ 2016/12/16 20:47 ] 木彫りことはじめ | TB(-) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。