FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

楠海亀3完成!

 楠の海亀完成しました。自己採点70点。デティルにこだわり始めるとアオウミガメ、アカウミガメ、タイマイのどれを彫っているのかが曖昧であることが判明。私はアオウミガメを彫りたかったんですね。いろんな画像を見すぎて混乱していました。不満なところは甲羅をもっと円形にすべきでした。頭ももう少し小さくてよかったかも。前回アップの状態から随分と修正をしたのですが、十分ではありませんでした。でも、頭、両手両足、甲羅の模様を彫るのがめちゃ楽しい。。魚の鱗と一緒。何時間もかけて模様を彫ることが全く苦痛ではありません。今回もアクリル絵の具のドライブラシで着色しましたが、もっと冒険すべきでした。色合いが単調すぎたかな。左手親指の傷はだいぶよくなりましたが、たぶん傷跡は一生残るでしょう。

楠海亀3
楠海亀4
楠海亀5
楠海亀6
スポンサーサイト
[ 2016/06/30 18:17 ] 木彫 | TB(-) | CM(0)

楠海亀2

 昨日と今日と彫りました。昨日は、久々に怪我をしてしまいました。今年初です。慢心ですね。鋸切り作業のところで、少々無理な姿勢で鋸を動かしていると、何かの拍子で鋸が滑って左手の親指に・・・・。あっと思った時には後の祭り。血が止まらないので、傷口を見てみると・・・。これは縫えないなと判断してひたすら止血に専念。なんとか止まりました。皆さんも気を付けてくださいね。
 今日は左手に手袋をして作業。これ必要ですね。ちなみに私の左手は人差し指一針、親指三針の縫い跡。いずれも木彫りではありません(じゃ何??)。彫は完了。海亀は彩色がしたくて始めたので、明日以降(明日は飲み会のなのでNG)、時間がある時に楽しみたいです。

楠海亀2
[ 2016/06/26 17:31 ] 木彫 | TB(-) | CM(0)

楠海亀1

 1年前くらいにシナで海亀を彫りました。自分的にはよくできた作品だと思っています。機会があれば大きめの材で彫りたいと思っていました。先日東急ハンズで購入した大き目のシナで彫ろうと思っていたのですが、同じ材で彫っても面白くないかと思い、楠材でいいのがあればと探していました。以前のものより一回り大きい楠材を見つけたので即購入。作業にかかりました。
 哺乳類を彫りだしてから、アクリル絵の具のドライブラシという技法を知ったので、海亀の本来の美しい甲羅の色を表現したいと思います。前回の海亀は黒一色の子海亀です。今回は少し成長して甲羅も色づいてきたという感じにしたいなぁ。それから、同じ対象物を時間をおいて彫ることにより、自分の技量の成長も確かめたいんですよね。

海亀11
海亀12
[ 2016/06/23 17:28 ] 木彫 | TB(-) | CM(0)

犀4 完成!

 犀完成です。一時はどうなるかと思った犀ですが、出来には満足しています。犀をどう着色していいのかもわからず、とりあえずグレイ(黒+白)で塗りました。が、こんな色の犀はいませんよね。そこに黄土色と白を重ねていくとらしくなってくるではありませんか。木彫りを始めた頃には、プラカラーをエアブラシで吹くだけでした。ここ最近はアクリル絵の具を使っています。
 はしもともみおさんの本に出会って、アクリル絵の具をドライブラシで塗っていくという方法を知りました。犀は全てこの方法です。感覚的には油絵と同じですね。これが楽しい。
 以前は丸刀ばかりで彫っていた私ですが、はしもとさんが平刀で彫っていることを知り、最近は平刀ばかり使うようになりました。平刀で彫った跡にドライブラシで絵の具を塗っていくと味がでてくるんです。彫り跡の凸凹で色ムラが出ますが、これがいいんですね。木彫の幅が広がりました。

犀4
犀5
犀6
犀7
犀8
[ 2016/06/19 16:06 ] 木彫 | TB(-) | CM(0)

犀3

 今日は暑くて外出する気にもなれず、一日犀を彫っていました。彫りは9割終わりました。明日気分がのれば彫りを終わらせて、着色までいくかもしれません。最初はどうなることからと思いましたが、なんとかなりました。娘からも豚よばわりされていた彼(彼女?)もようやく犀らしくなりました。
 昨日も畑で作業をしました、暑かった・・。日中の畑作業はやばい!作業の後にはジャガイモ、キュウリ、トマト、インゲン、しし唐を収穫。採りたて野菜はとにかくうまい。みずみずしさがスーパーの野菜の決定的に違うところ。畑の野菜を食べ始めるとスーパーの野菜が食べられなくなりました。これっていいことなのかわるいことなのか・・。

犀3
[ 2016/06/18 18:20 ] 木彫 | TB(-) | CM(0)

犀2

 粗削りまで終わり、彫りの段階まで来ました。まだ豚感が残ってますね。耳が原因かな。象や河馬などでかい陸上哺乳類の中で犀って飛びぬけた魅力がありません?希少性もありますが、トリケラトプスのような古代の匂いが残っている動物っていうか・・。本当はもっと大きな材で彫りたかったんですが、なかなかなくて、あっても高いんですよね。
 彫り始めて分かったんですが足が難しそうです。ここが決まればそれらしくなりそうです。 着色までやる予定。

犀2
[ 2016/06/16 17:37 ] 木彫 | TB(-) | CM(0)

犀1

 予告していた茄子でも海亀でもなく、犀を彫り始めました。手元にあった楠で茄子を彫るつもりでしたが、いざ彫るとなるともう一つ意欲が湧かず。以前から心の片隅にあった犀を急きょ彫ることに。現時点では豚にも見えますよね。さぁ、ここから犀らしくなっていくか・・。

犀
[ 2016/06/14 19:50 ] 木彫 | TB(-) | CM(0)

畑 収穫

 昨日は暑かったですね。畑で成長中の野菜の剪定など作業をやってきました。ついでに食べごろの野菜を収穫しました。昨日は7人の学生が参加。私も含めた8人で山分けです。

鯰7
 大根は畑づくり、種まきからやってきたので大きく育った姿に感無量。ホタテと和えたサラダで食しました。包丁を入れた時から違いを感じました。とにかくみずみずしい。そらそうですよね、さっきまで畑に埋まっていたんですから。めちゃくちゃ美味でした。
鯰8
これは茎ブロッコリー。初めて食べました。さっと湯がいてマヨネーズでガブリ。歯ごたえがよく酒がすすみます。
鯰9
茄子は1つだけゲット。フライパンで炒めて生姜を添えて食べました。もっと食べたい・・。
鯰10
[ 2016/06/12 16:21 ] その他 | TB(-) | CM(0)

リメイク鯰 60点・・・

 全身彫り直して、エアブラシで黒っぽく塗り、目に色を入れました。出来はもう一つ。イメージどおりには出来ませんでした。ここ最近はシナ材を使うことが多かったんです。彫りやすいし材の値段もそんなに高くないので。でも柔らかい(やや目が粗い)ので、細かい細工が出来ないところが玉に瑕。これまでだましだましやってきましたが、特に目をきれいに彫れないのが難点でした。鯰も同じです。
 神代楠の岩魚、楠の黒柴・トラ猫と密度のある楠材を連続して使ったせいか、シナで彫った鯰のリメイクがどうしても納得感が湧きませんでした。次回作は楠で彫る茄子、またはシナで彫る海亀になるかと思います。

鯰14
鯰13
鯰12
[ 2016/06/12 16:08 ] フィッシュカービング | TB(-) | CM(0)

木について思う事

 先日カービング用の木材を買いに東急ハンズに行きました。コーナーが大幅に縮小してお目当ての木がないことが多いのですが、この日は運よくひとつありゲット。その後も木材コーナーをぶらぶらしていると見たことない端材を発見。手に取ってみるとずしりと重みが伝わってきたのが写真上のグラナディラ。私の好物、中華料理の「東坡肉」そっくり。美味そう・・。調べてみると、アフリカはモザンビークに生息するマメ科被子植物。重硬材であることからクラリネットの材料とのこと。びっくりです。写真2つ目もウェンジというアフリカはザイールに生息するマメ科植物。家具に使われるとのこと。いずれも乱獲で希少になりつつある木材のようです。
 実はスツールを作っているときも、カービングをしている時も、伐採された木を使っていることに変わりはないので若干の罪の意識を感じています。動植物にも命があるわけで、その命を使わせて(食べて)いただく時には感謝の念を抱かざるをえません。はるか遠いアフリカのマメ科植物の端材を手に入れたことに感謝するとともに、いつかカービングを生業にするようなことがあれば、希少植物の保護や植林などもかかわりたいと思った次第・・。

木1
木2
[ 2016/06/09 17:45 ] 木彫 | TB(-) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。