FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

猫3(完成!)

 猫完成しました。顔が難しかった・・。3回鼻を削り直しました。それから厚みが理想的な状態より薄かったので、下半身のふくらみが足りないところに不満が残りました。彫りはもう一つでも、色を塗るとそれらしく見えてくるから不思議です。黒柴との2ショットはいい感じですね。次回作は全くのノーアイデア。いろんな画像や写真集を見て刺激を受けることにします。週末は長らくサボっていた釣り、フライフィッシングに行く予定(天気と腰次第)。

猫3
猫4
猫5
猫6
スポンサーサイト
[ 2016/05/30 19:41 ] 木彫 | TB(-) | CM(0)

猫2

 今日は畑の日だったのですが、一昨日にぎっくり腰に。痛みがのこっているために、畑作業は学生にお願いして家で休むことにしました。今日の作業の様子を学生にfacebookで報告してもらいました。大根、玉ねぎは収穫できたとのこと。インゲンも数日中に収穫時期。野菜の成長は本当に早いですね。月曜日の授業で収穫した野菜の味を学生に聞いてみるのが楽しみです。
 さて、家にいたのですが、じっとしていられずに彫りました・・。どんだけ彫っても犬しか見えなかったのですが、ようやく猫っぽくなってきましたよ。これまたちょっとしたことなんですけどね。明日は近々行こうと思っているフライフィッシングに向けて毛鉤を巻く予定。猫も彫ろうと思っているので、うまく行けば塗装までやってしまいます。

猫2
[ 2016/05/28 18:24 ] 木彫 | TB(-) | CM(0)

猫1

 柴犬に続き猫を彫ることにしました。鋸での粗どりはシンプルで楽ちん。ここから「猫」としての命を吹き込めるかが問題です。これがうまくいくようだと哺乳類に走ってしまいそうです。まぁ木を彫れれば何でもいいんですけど・・。

猫1
[ 2016/05/26 17:51 ] 木彫 | TB(-) | CM(0)

柴犬4(完成!)

 最初は楠の木色を生かして、普通の柴犬にしようと思って、白の色を着けていましたが出来がもう一つ。結局黒柴にしました。最後の彫りで苦労しました。横から見るとまあまあなのですでが、正面からみると犬に見えません。娘に見てもらうと同じ意見。彼女の評価は「パパ、これは人面犬だ・・」。実は私もそう思っていたのですが、ズバリ痛いところを突いてきました。
 今朝は6時半に目が覚めたので(老いを感じます)、早速修正作業に。色々と考えた結果、要は顔が平面であることが原因であるとわかりました。両目あたりを削り落として、顔に角度をつけることにしました。するとどうでしょう、犬らしくなってきました。ちょっとしたことなんですね。
 試行錯誤の繰り返しでしたが、出来栄えには満足しています。楠の木片に命が宿りました。

柴9
柴10
柴11
柴12
柴13
[ 2016/05/21 19:50 ] 木彫 | TB(-) | CM(0)

柴犬3

 前回言った魚の方が難しいという言葉を撤回します。こっちの方が難しい・・。犬への思いはあるものの、一緒に暮らしたこともないので、ディティルがわからず苦労することたびたび。それから全体的なフォルムもわかっていないことも感じました。いろんな角度の画像を集めて、必死に眺めながら試行錯誤を繰り返しました。どうですかね、それでも8割くらいまで彫りができましたかね。週末に塗りができれば上出来です。

柴犬6
柴犬7
柴犬8
[ 2016/05/17 20:35 ] 木彫 | TB(-) | CM(0)

柴犬2

 今日は6時間くらい彫りましたかね。ここまできました。彫り自体は魚の方が難しいと思います。ただ哺乳類の場合は、生命感というか存在感というか、「生きてる」感を出すことが重要ですね。彫ってしまった後に、こうすればよかったと思う点は多々ありました。でもとにかく彫り進むのだという思いで彫刻刀を動かし続けました。
 わずか6時間だけのつきあいですが、この柴犬には愛情的なものが私の心の中に生まれています。それから最近思うのですが、私が彫ったものを後から見るとなんとも言えない哀愁が漂っているんですよ。前回のカメレオンといい今回の柴犬といい・・・。流石にこれだけ齢を重ねると出ちゃうようです。
 今後のポイントはやっぱり「目」。着色もしようと思うので、どんな風に色付けするか。じっくり考えてみます。

柴2
柴3
柴4
[ 2016/05/15 18:48 ] 木彫 | TB(-) | CM(0)

食と農

 昨年から大学に勤務するようになって「食と農」という授業を担当してほしいと頼まれました。しかも農園での実習付きで。食も農も全くの門外漢だったのですが、断ることもできずに引き受けることに。アマゾンで関連の本を買いまくり、図書館で関係する本を読み漁りました。遺伝子組み換え食品、食品添加物、農薬と化学肥料、有機農業、F1と雄性不稔の種などいずれも非常に興味深くて、すっかりはまってしまいました。この1年弱でおおかたの関連文献を読んだこともあり、それなりの知識を身に着けることができました。そして、私たちが毎日口にしている食が如何に危険であるかを知ってしまったわけです。私たちはなんとも恐ろしい時代に生きていることか・・。
 今年から授業の一環で大学近くに借りた農園で野菜の栽培をしています。食材の生産過程をすべて自ら行い、それを食することはとても意味のあることです。学生もさることながら私自身学ぶことがたくさんあります。大変ではありますがこの機会をあたえていただいたことに心から感謝しています。畑に堆肥を撒いて耕し、農薬を最小限に留めるために透明のビニールを被せて寝かせ、雑草が生えないようにマルチをかける。手間をかけて体に安全な野菜を育てる。小さな種から青々とした芽をだして成長する野菜を見ていると生命の不思議さも感じます。そして、コンビニやファストフード、ファミリーレストランで簡単に口にできる食品の不自然さをつくづくと感じるようになりました。


インゲン
食1
大根と茎ブロッコリー
食2
トウモロコシ
食3
枝豆
食4
今日はトマトと胡瓜に支柱を立てる作業をしました。
食5
[ 2016/05/14 21:14 ] その他 | TB(-) | CM(0)

柴犬1

 柴犬を彫ります。注文していた柴犬用の楠が今日届きました。猫にするか犬にするか悩んだんですが、犬にしました。実は小さいころから犬を飼いたかったのですが、親が犬嫌いで叶いませんでした。今もマンション暮らしで犬を飼っていません。彫刻家のはしもとみおさんは飼っていた猫がいなくなって、その猫を忘れないために猫を彫って、その後も動物を彫り続けているとのこと。彫りたいという気持ちが強いことが大事なんですね。私のフィッシュカービングも、福岡の2年間常に触れていた魚を思い出したくて始めたようなものです。ということでより思い入れのある犬にした次第です。なにせ初めてのことなので不安もあります。週末から作業開始。
 といっても土曜日は畑に行くので、日曜日からですね。その後アップしていませんが、畑の作業も続けています。大根、インゲン、枝豆、トウモロコシ、茎ブロッコリー、トマトの大玉・中玉・ミニ、胡瓜、しし唐、ピーマンの種と苗を畑に植えて、今順調に成長しているところです。毎回行くたびに大きく成長している野菜を見るのは楽しいものです。低農薬・化学肥料で育てるために色んな工夫をしながら、できるだけ有機的な栽培をしています。明後日も畑に行くので、次は写真をアップしますね。

柴1
[ 2016/05/12 19:13 ] 木彫 | TB(-) | CM(0)

神代楠岩魚5(完成!)

 完成です。出来は80点。神代楠の持つ「くすみ」「渋み」「深み」を生かせかたと思います。木彫りを始めてから積み重ねてきた経験を出し切りました。随分昔に買った流木を再活用してみたら、今までにないリアル感も出ましたね。あらためて木彫りの楽しさを味わいました。最近は柔らかいシナを使っていましたが、たまには密度のある材を使って「彫り」を楽しむのもいいものです。さて、次回作はどうしようか。哺乳類いくかな・・・・・。

あ1あ2
あ3
あ6

[ 2016/05/08 19:28 ] フィッシュカービング | TB(-) | CM(0)

神代楠岩魚4

鱗を彫って、彫は完了。ほぼイメージ通りです。明日は背に濃い緑を薄く吹いて、虫食い模様を入れ、ボディには濃い青のパーマークを薄~く吹く予定。そして最後は目を入れて完成。どんな出来上がりになるか楽しみです。

神代楠岩魚6
神代楠岩魚7
神代楠岩魚8
[ 2016/05/07 19:00 ] フィッシュカービング | TB(-) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。