FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

うなぎ1

 昨日は都内に行く用事があり、帰りに東急ハンズに寄ってきました。新宿を経由するときにはどうしても足が向いてしまいます。鰻やサヨリ用の材があればと思っていました。写真の材は85mmの厚みがありますが、鰻の背びれ、腹びれを彫るのであればこれくらいの厚みがあってもいいかと思って購入。このサイズでどんな鰻を彫ろうかとA,Bのイメージ図を描いてみました。Aの形がいいと思っているのですが、体を丸めた内側を切ることは相当に困難であることがこれまでの経験上わかります。厚みが85mmあるので大型バンドソーでもあれば丸く切れるのですが。切りやすさを考慮したのがBです。こちらはカットしていく手順がすぐに頭に浮かびました。なんとかなります。あれこれ悩んでいるところに娘が私の部屋に入ってきたので、娘に意見を求めてみました。即座に圧倒的にAがいいとの返答。流石です。とはいえ、切りやすさ、彫りやすさを考えるとBなのですが・・・。

うなぎ1
うなぎ2
スポンサーサイト
[ 2016/01/30 07:27 ] フィッシュカービング | TB(-) | CM(0)

ヤマメ3 完成

 山女に着色しました。さすがにこれだけ作っていると、彫るのも、着色するのにもだいぶ慣れてきました。背の緑は黒っぽく、パーマークと側線の赤は薄~くしました。さて、次はピラルクーを彫る予定でしたが、鯰を彫ってみたら、長くてくねくねしたものが彫りたくてしかたありません。鰻とかダツとか。材を調達する必要がありますね。外は寒いし、インドに行かなくてはならないので、いずれにしてもインドから帰ってきてからになりそうです。

やまめ31
やまめ32
[ 2016/01/24 21:20 ] 木彫 | TB(-) | CM(0)

私が愛した中国 胡同2

 寒いですね。でも北京の冬はもっともっと冷え込みます。寒くなると北京の春節(日本の正月。西暦では2月初旬くらい)を思い出します。2007年の春節に自転車に乗って胡同を走った時の写真です。気温はマイナス10度くらい。自宅から1時間半くらいペダルを漕ぐと後海という池(沼?)に着きますが、ここが北京の中心です。紫禁城と言われる皇帝の住居の裏側にあたります。2016年の今も胡同は残っているんでしょうか。もし、なくなっているとしたら北京に戻りたいという気持ちもなくなってしまいそうです・・。

112.jpg
114.jpg
115.jpg
[ 2016/01/23 19:00 ] 世界の旅 | TB(-) | CM(0)

机の上  

 彫っていてよかったなと思うのは、作品を眺めながら飲むことが思いのほか楽しいということがわかったことです。昨晩に続いて今日もにやにやしながら杯を重ねているところです。鯰は存在感がありますね。サイズが大きいものにも今後取り組んでいきたいと思いました。ただ材が結構な値段がするのでお財布との相談になりますが。ハシビロコウはクルミ油で仕上げたのですが、時間が経つほどに木目がはっきりしてきていい感じになってきました。学ぶことが多いです。

机の上
[ 2016/01/19 19:54 ] 木彫 | TB(-) | CM(0)

ナマズ4

 鯰、彫りまで完了しました。一番難しかったのは頭でした。前回アップした写真などは遠目には電気ウナギに見えます。頭を平たくしつつ、受け口を強調しつつ、エラの部分でアクセントをつけていくと鯰に見えてきました。お気づきの方もいらっしゃると思いますが、「穴」は端材を丸く削ったもので塞ぎました。腹ビレを削っていく段階でそう判断しました。問題のヒゲですが、ピッタードの枇杷の枝を活用。結局マンタの一作目のシッポとブナの花の一作目の茎を再利用しました。加工性と強度を考えると、やはり枇杷の枝が一番かと。仕上げの選択肢は三つ。①このまま、②アクリル絵の具の黒を背中部分に吹きつける、③色は着けずにニスを塗る。このままでもいいかな・・。
 さて、SMAPはどうなるんですかね。私的には存続してほしいところです。明日は雪が降るとか・・。

ナマズ11
ナマズ14
ナマズ15
ナマズ13
ナマズ12
[ 2016/01/17 18:07 ] フィッシュカービング | TB(-) | CM(0)

ナマズ3

 少しづつ彫っています。前回と比べると頭のところを平たくして、鰓の後ろの体を細くしました。大きいサイズなので彫るところも多く、全体のバランスをみながら気になるところ彫っていく感じです。ヒゲは例の枇杷を使おうと思って、削っているんですが、劣化が進んでいるのか、簡単にポキリと折れること数度。どうしてものかと思案中です。  
 ところで、SMAPどうなるんでしょう・・気になる。

鯰6
[ 2016/01/14 18:03 ] フィッシュカービング | TB(-) | CM(0)

ナマズ2・・穴

 3連休の午後はずっと彫ってました。彫っている間は時間忘れます。上下横縦斜めから鯰を眺めて、完成の姿をイメージしながら彫り続けます。作業を中断する時は腰の痛みで我に返る時。やっぱり彫るのが好きなんなんだなぁ、とつくづくと思いました。さて、アップした3枚の写真を見ていただくとわかりますが、鯰の下半身の長い鰭の真ん中あたりに黒ずんだ部分がありますよね。木の内側にはなんのいたずらかわかりませんが、このように変色することが時々あります。さほど気にもせず、彫り続けましたが、変色部分が穴となっていて、それが直径8mm、長さ60mmあることがわかりました。この材は結構な値段したので、また、ここまで彫りましたので、作業を止めて廃棄ということは全く頭に浮かびませんでした。最初に思ったのは、作業中に出来た端材を使ってこの穴を埋めることです。ちょっと試してみたのですが、今一つ。現時点では、「味」ということで穴もこのままにしておこうかと思います。恐らくなにかの虫がこの木に卵を産みつけ、幼虫が育った跡ではないかと思います。鯰本体のところだったらアウトでした。この穴をどう生かすのか、虫さんに試されているような気もします。

鯰2
鯰3
鯰4
[ 2016/01/11 18:10 ] フィッシュカービング | TB(-) | CM(0)

ナマズ1

 昨日届いた電気チェーンソーを使ってみました。鋸での作業に比べると体力の消耗が格段に少ないです。特に腰が楽ですね。慣れないのでおっかなびっくりの切断でした。明日もう少しだけ電気チェーンソーを使って作業しようと思います。さすがに切断も細かいところは鋸と鑿でないとできません。これから彫るものが大型化していきそうです。私は何を目指しているんでしょう・・。

ナマズ1
[ 2016/01/09 17:11 ] フィッシュカービング | TB(-) | CM(0)

材が届きました

 材が届きました。一番下がナマズ用の42cm。曲がりを入れますので全長45~6cmの大鯰になる予定です。真ん中がピラルクー用。一番上が彫りまで終了した山女です。明後日の3連休から作業を始めて、インド出発前には大鯰を完成させたいと思います。さて、電気チェーンソーをどうしましょう。9割方気持ちは決まっているのですが。明日から冷え込みそうなので、作業に着手できない可能性もあることを申し添えます。寒さに弱いので予めご理解を・・。


木材

山女163
[ 2016/01/07 20:01 ] 木彫 | TB(-) | CM(0)

ヤマメ2

すみません。まだ冬休み中です。午前中はインドに向けての勉強、午後はずっと彫っていました。山女は過去に4~5体彫っているのでスイスイ作業が進みます。この山女はプレゼント用と思っているのですが、うまくできたらキープしてしまうかも。明後日から仕事です。

ヤマメ162
[ 2016/01/05 19:21 ] フィッシュカービング | TB(-) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。