FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

風がはこぶ秋の工房展(鹿沼)

 私の木工の先生は、たまたま私の実家がある鹿沼市の家具職人森戸さんの弟子でした。その森戸さんを含む7人のアーティストの方々が鹿沼の掬翠園で展示会「風がはこぶ秋の工房展」を開くとの情報を見つけたので、この週末鹿沼に帰って見て来ました。いや~さすがですね。いい仕事をされています。写真はNGのようなので撮っていないのでお見せできませんが、プロの方の作品は見ていて飽きません。会場となった掬翠園(上の写真)も素晴らしい庭園でした。実家から歩いて10分ぐらいのところですが、初めて足を運びました。

鹿沼2

 9月の大雨で洪水が起きた黒川です。上流から流れてきた根っこを付けた大木がそこら中に転がっています。橋の上から川を眺めると1mくらいありそうな大きな鯉が何匹も泳いでいました。どこかの家のものが大水で黒川まで流れてきたんでしょうか。日光連山はどの山も真っ白です。寒い冬がやってきました。
鹿沼1
スポンサーサイト
[ 2015/11/29 16:30 ] その他 | TB(-) | CM(0)

私が愛した中国 長城

北京に長いこと住んでいると長城に行く機会が結構あります。一番人気は北京市内から近い八達嶺。日本からのお客さんを連れて10回以上は行きました。とにかく観光客が多くて疲れるだけです。きれいに修復されているところも面白くありません。二番人気は慕田峪。こちらは遠い分、通な人しか行きません。ここも5回は行きました。私が最も好きな長城は司馬台です。北京市内から車で片道2時間半。ここまで来ると観光客はまばらで、長城も崩れたままになっていて、それが歴史を感じさせてくれます。乗ってきた車は10km先のところに待たせて、司馬台の長城を7時間くらいかけて歩きます。ところどころ途切れているので時間もかかります。アップダウンの連続ですぐに腿はプルプル、膝はがくがく。最後の頃は手を使わなければ上りも下りもできない状態になります。でも写真を見てください。これが長城です。

長城4
長城5
長城6
長城3
長城2
[ 2015/11/26 17:49 ] 世界の旅 | TB(-) | CM(0)

鰤(ぶり)完成

 鰤完成しました。鰤を彫るのは2作目ですが、最初のものよりはうまくできました。これで手持ちの材がなくなりました。年内にあと2つくらい彫りたいので、早めに東急ハンズに行かなくては・・。

鰤6
鰤7
鰤8
鰤8
[ 2015/11/22 20:54 ] フィッシュカービング | TB(-) | CM(0)

鰤(ぶり)2

彫りは大体終わりました。明日は紙やすりで磨きます。日、月と仕事なので塗装まで行くかどうかは微妙です。磨きの後に尾びれ、背びれ、腹びれを彫ると鰤っぽくなると思います。
鰤4
鰤5
[ 2015/11/20 20:59 ] フィッシュカービング | TB(-) | CM(0)

私が愛した中国 新橋野球倶楽部

 私の最初の北京駐在は1988~1989年の2年間です。商社マンの頃です(その後転職)。当時の北京には一般の外国人が住めるアパートはなくて、駐在員は皆民族系(中国国営)のホテルのシングルルーム住まいでした。なんの娯楽もなく、仕事が終わるとホテルの部屋で寝るだけでした。そんな私たちの唯一の楽しみが週末の野球でした。新橋飯店を住まいにしてた日本人が発起人となり、新橋野球倶楽部が結成されました。私は特別野球が好きなわけではありませんが、他に何もすることがないので自然と野球倶楽部に入りました。当時、中国の女子ソフトチームの代表と試合したことを覚えています。楽しみは野球の後の飲み会です。当時の北京にも数件の日本料理屋があり、野球が終わった後にそこで日本語で話をしながらビールを飲むのが何よりの楽しみでした。会社はバラバラ。商社、メーカー、銀行、なんでもありです。1989年の天安門事件もこの仲間たちと体験しました。あれから26年経ちましたが、今でも定期的に飲み会を開いています。昨晩はその仲間との飲み会でした。この人数で集まったのは久しぶりです。当時の若手所員の半分は定年を迎えていました。皆さん学生時代にそれぞれの思いを抱いて中国語を勉強した人がほとんどです。お酒が入って話しが弾むと、中国に対する思いは今も同じだということがわかりました。

北京2
[ 2015/11/19 19:09 ] 世界の旅 | TB(-) | CM(0)

鰤(ぶり)1

 鰤を彫りだしました。
鰤1
[ 2015/11/17 21:17 ] フィッシュカービング | TB(-) | CM(0)

私が愛した中国 胡同1

 私は3度の中国駐在で通算10年間北京に住んでいました。第2の故郷みたいなものです。国としての中国は嫌いですが、出会った人々、目にした風景は今でも心の中に鮮明に残っています。中国は東西南北隅々まで行きました。今戻りたいと思うのはやはり長年住んでいた北京です。一番好きな場所は北京市の環状2号線の内側に残っている胡同と言われる昔ながらの下町です。写真の自転車(大陸号)に乗って、時間があると何時間でも胡同の中を走っていました。ブログにアップするために久々に当時の写真を見ましたが、胸がキュンとしました。北京の中心部にある後海まで行くと自転車から降りてベンチに寝そべってしばし目を閉じます。ゆったりとした時間の中に身をまかすと、なんとも幸せな気持ちになれました。4枚の写真は2004年の頃のものです。
フートン2
フートン4
フートン5
フートン3
[ 2015/11/13 21:25 ] 世界の旅 | TB(-) | CM(0)

リメイクやまめ 2

 着色しました。今回初めてアクリル絵の具をエアブラシで吹いてみました。ネットを見ていてたまたま見つけた方法です。なかなかいいですね。部屋の中も臭くならないし。
山女1
山女2
山女3
山女4
[ 2015/11/08 07:31 ] フィッシュカービング | TB(-) | CM(0)

私の机の上

 削りの作業はいろんなところでやるんですが、一番多いのが自分の机の上での作業。パソコンでお気に入りの曲をかけて、濃いめの酒を飲みながら(酔うのでしょっちゅう指を切って出血します)削ったり、こすったり。今はエリッククラプトンを聞いています。
 随分前に彫ったシャチは楢で作ったCDケースに中。下の写真は最近の作品たちです。お気づきの方もいると思いますが、ハシビロコウの着色が気に入らず、塗った部分を全てこそげとりました。作品は都度facebookにUPしているんですが、一番反響があったのはガーです。
机1
机2
[ 2015/11/05 18:07 ] 木彫 | TB(-) | CM(0)

リメイクやまめ 1

  ブログにはアップしていなかったのですが、着色までしたやまめをリメイクしています。どうしても気に入りませんでした。全体的なフォルムはよかったのですが細部で納得できない部分があります。着色したすべての部分を削り落とし、全体的に細身に削り直しました。鰭を見ていただきたいのですが、よりリアルな形に修正しています。自分の技術も少しづつではありますが進歩しています。目のつくところに置いておいて、今の技術で彫ればもっと良くなるはず、と思った時点で彫り直しとなるわけです。現在、着色OKな段階まで仕上げましたが、エアブラシ用のエア缶がありません。本日アマゾンで買ったので今週末には作業ができるかもしれません。
 さて、ブログを始めて1年が経ちました。このブログに立ち寄っていただいた全ての方に御礼申し上げます。制作意欲は一向に衰えていませんし、ご紹介したい世界の旅もまだまだあります。これからもご愛顧のほどよろしくお願いいたします。

1ヤマメ 
ヤマメ 2
[ 2015/11/02 17:33 ] フィッシュカービング | TB(-) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。