FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

シャチ 完成!!

シャチ 9
シャチ 10
シャチ 11
 シャチ完成です。ウレタンニスを吹くことによりシャチの質感に近づいたような気がします。出来はまあまあですかね。あと2~3回やればもっとうまくやれると思います。さて、次は何を作りますかね。出来るかどうかわかりませんが、海亀を彫ってみようかと突然思いつきました。出来るかな・・・。
スポンサーサイト
[ 2015/06/28 11:25 ] 木彫 | TB(-) | CM(0)

シャチ 4

シャチ 8
 着色しました。残る工程はウレタンニス。今日は湿度が高かったのでやりませんでした。明日は晴れのようなのでウレタンニスを吹き付けて完成させたいと思います。どれだけしっとり感が出てくるか楽しみです。皆さん如何でしょう、随分シャチっぽくなったでしょう。
[ 2015/06/28 00:09 ] フィッシュカービング | TB(-) | CM(0)

ホンジュラスの鳥

ホンジュラス
 中米の小国ホンジュラスを訪れたのは、1993年ですからもう22年前ですね。成田を出てから、ダラスとヒューストンで乗り継いでようやく首都のテグシガルパに辿り着きました。山と谷に囲まれたテグシガルパの空港に降りるときに「怖い!」と思ったことを今も憶えています。ホンジュラスも親日的な国でレストランで食事をしていると何度も声を掛けられました。「ハポン(日本)?」と声を掛けられます。「シ(はい)!」と応答。するとお互い片言の日本語とスペイン語の応酬。これがとっても楽しい。アホデソパ(アホはニンニク、ソパはスープ)は老化した脳の中でもしっかり残っています。私たちの通訳をしてくれたのは勝田さん(なんと今でも覚えてました)。青年海外協力隊でホンジュラスに来て、(若いですから簡単に恋に落ちます)ホンジュラスで彼女ができ、結婚してそのままホンジュラスに居ついている若者でした。とっても素朴でいい男でした。テグシガルパで過ごすこと数日。カウンタパートが踊りに行こうと誘ってくれました。サトウキビで作った強いお酒を飲んでいると、カウンタパートは頃合いをみながら次々と踊りだしました。、サルサなんでしょうか、ラテン系に乗りのいい音楽に合わせてかっこよく踊っています。何度か誘いにきてくれるのですが、どうしても第一歩が踏み出せません。アジア人ですから。強い酒を飲みながら嫉妬の目線で彼らを眺めていました。勝田さんのことを思いました。遠い異国の地で、可愛い女の子と出会い、酒を飲みながら踊りにいったら・・・・100%恋に落ちますよね。
[ 2015/06/25 20:22 ] 世界の旅 | TB(-) | CM(0)

シャチ 3

シャチ 5
 削りが終わりました。背びれと胸鰭を付けて、目も入れました。例によって楊枝の先端です。この写真だけですとイルカにも見えますね。でも大きな背びれと胸びれ、全体的にがっちりした頭部とかがイルカとの違いです。今後の作業はニスで目止めをして、木目をそのまま残す部分(腹とか目の上、尾びれの裏側とかシャチの体の中で白い部分)をマスキングテープを貼って、黒のアクリル絵の具のスプレー缶で着色、マスキングテープを剥がして、仕上げのウレタンニス塗装という流れです。来週末の楽しみです。
 
[ 2015/06/21 17:30 ] 木彫 | TB(-) | CM(0)

シャチ 2

シャチ4
 写真を見ながら削りと研磨をしましたが、動画を見てみてみると新たな発見があって、手直しを繰り返しました。本体は#120、#180、#240の紙やすりで研磨してほぼ終了。あとは背びれと胸鰭の仕上げが必要です。今回のシャチは塗装がポイントなので、これからが山場です。今回あらてめて思いましたが、シャチの体は均整がとれていて、肌もきれいで完璧な美しいボディです。
[ 2015/06/18 22:50 ] フィッシュカービング | TB(-) | CM(0)

シャチ 1

シャチ1
 この写真だけでは何を作るのかわからないですよね。この間の肥ったアシカのようにも見えますし。今回は海のギャング、シャチを彫ります。背びれと胸鰭は接着にします。材はシナです。彫りが終わったら黒でアクリル塗装したのちに、ウレタンニスで濡れた体を再現しようと思っています。ネットでシャチの画像を見ていると、とってもかわいいことに気づきました。水族館ではいろんな芸もしています。どんな出来になるか乞うご期待。
[ 2015/06/16 12:06 ] フィッシュカービング | TB(-) | CM(0)

スツールへの路 17

スツール17
スツール19
 スツールの記事しばらくアップしていませんでしたが、地道に作業は続けていました。昨晩はついに接着までたどり着きました。上の写真は脚が座面から抜けないように、ローズウッドの楔を脚の先端に打ち込んだ状態のものです。下の写真は楔の余分を切って、カンナで削ったもの。これから紙やすりでの研磨、塗装の作業が続きます。7月中には完成しそうです。
[ 2015/06/14 09:51 ] 木工 | TB(-) | CM(0)

ザンビアの男

zanbia.jpg
 1993年に初めてアフリカに足を踏み入れました。ザンビアでした。第一印象は・・とにかく遠かった。ロンドンまで12時間、ロンドンからザンビアのルサカまで10時間。ザンビア滞在中に有名なビクトリアフォールに行くことになりました。国境を越えてジンバブエ側から見てみるのがいいとのこと。車で行ったのですが、入国手続きのために車外にでなければいけません。車の外にはエイズを人間にもたらしたといわれているミドリザルが一杯いるではありませんか。マジで怖かった・・。宿泊したホテルの近くにインターコンチネンタルホテルがあって、人生初のカジノへ。なんとか負けずに終了でき、インターコンチネンタルで買ったのがこの彫り物です。質感のある黒光りする体と何かの動物の毛皮をまとった男が気に入りました。いつも途上国に行くと思うのですが、木彫品は途上国の方が、センスも、出来栄えも、値段も先進国のものよりも圧倒的に優れています。ザンビアの男もお気に入りのひとつです。
 最近、フィッシュカービングサボり気味ですが、先日東急ハンズで材料を買ってきました。近いうちにシャチの作成に入ります。
[ 2015/06/06 22:33 ] 世界の旅 | TB(-) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。