ふり返る犬2 完成!

 ふり返る犬完成です。一昨日インスタグラムにアップしたんですが、反応は今一。昨日から今日にかけて修正。彩色はまずまず。太かった前足を細くしました。私的には満足ライン到達。

フリカエル2

 今日は持病1の加療のため麹町の病院へ。ついでに麹町でよく通っていたカレー蕎麦の店に行ったんですが、なんと別の店に変わってました。かなりショック・・。それから神保町で「はしもとみお」さんの作品を展示しているところがあるとの情報を得て見に行きました。写真はテングザルです。個展ではないので作品数も少なく、やや消化不良。9月に都内で作品展があることがわかったのが収穫でした。帰宅後、酒を飲みながらインドの牛の彫り直し、塗り直しをしました。
 この夏も8/9から、3週間学生を連れてフィリピンに行きます。出発前にもう一作品作ろうかとも思っていますが、休憩の時間にするかも知れません。毎週一作品を続けていたので一服も必要かも知れません・・。
フリカエル3
スポンサーサイト
[ 2017/07/24 18:19 ] 木彫 | TB(-) | CM(0)

ふり返る犬

 毎日暑いですね。皆さま如何お過ごしですか。この数年思うんですが、日本の夏の暑さは尋常ではありません。日本よりはるか南のフィリピンやインド南部より暑いと思います。仕事柄地球の環境問題については勉強をしてきましたが、温暖化は確実に進んでいると感じています。次世代、次々世代のために今生きている私たちが何をすべきか真剣に考える時期が来ています。
 さて、次回作は牛ではなく、またまた犬になりました。こればかりは自分の気分次第。どうぞご容赦ください。それから11月頃に開こうと思っていた2回目の個展ですが、まだギャラリーの予約ができていません。私の中の気持ちが熟していない、っていう状態です。年を跨ぐかもしれないです・・。

フリカエル
[ 2017/07/20 20:56 ] 木彫 | TB(-) | CM(0)

インドの牛リターン3 完成!

 完成です。あと2パターンのインドの牛を彫る予定。

リターン4
リターン5
[ 2017/07/16 16:54 ] 木彫 | TB(-) | CM(0)

インドの牛リターン2

 彫る時に最近youtubeで聴いていた坂本龍一x大貫妙子の『UTAU』。我慢できずにアマゾンで買ってしまいました。今日届きました。いいですね。今一番のお気に入りです。これを聴いていると彫りと飲みが進みます。
 今日は2カ月ぶりにバイクに乗りました。暑くてどうしようかと思いましたが、たまには乗らないとエンジンによくないかなと。乗ってしまうと、やはりこれもいい。いつものことですが生きてるって実感します。でも10kも走ると暑くてしんどくなります。いつまで乗れることやら・・。
 『UTAU』を聴きながらここまで彫りました。彫り7割ですかね。明日は来週の授業準備をしつつ、彫りは完成させたいところ。今も飲みながら『UTAU』を聴いているんですが、ちょうど赤トンボがかかっていて、目頭が熱くなりました、弱いんですこの歌。特に15でねいやが嫁にいくところ・・。それから好きなのが『ぽっぽや』の『鉄道員』。浅田次郎も大好きな作家の一人です。映画は見ていませんが、『ぽっぽや』は小説を読んで号泣しました。映画では坂本龍一が曲を作ってたんですね。

 インドに帰りたいな~。

リターン2

リターン3
[ 2017/07/15 18:08 ] 木彫 | TB(-) | CM(0)

インドの牛リターン

 彫る対象を選ぶ時に大切なのはパッションの有無。彫ったことが無い動物が彫る動機になることもあります。でもこれはパッションではなく技術的なチャレンジの要素が強いです。パッションは私のハートに強いメッセージが届くこと。ここ10年のタームで考えると、2度訪れたインドは実に魅力的な対象物がいました。今回6体彫った野良犬たち。以前も書いたと思いますが、日本の犬とは異なる自立した生き様に心を激しく揺さぶられました。リードにつながれている犬と野良い犬の違い。それは尊厳とも言えるかもしれません。生きる自由と死ぬ自由。天と地の差があります。実はインドだけではなく、これまで訪れたチベット、ブータン、フィリピンでも目にした野良犬たちには共通する魅力がありました。
 次に何を彫ろかと思っていましたが、もう一度インドの牛を彫りたいと思いました。犬よりも何倍も存在感のある牛。日本では牛舎に閉じ込められて、生きるも死ぬも人間次第の状態。インドの野良牛はただ生きるためにゴミを求め、ゴミを漁って生を永らえています。インドでは聖なる存在の牛は人間に殺されることはありません。養えなくなると路上に捨てられるだけ。生きることは辛いよなぁ。色々と思うところの多いインドの牛をいくつか彫ってみます・・。

インドの牛再び
[ 2017/07/11 17:23 ] 木彫 | TB(-) | CM(0)